たまごの白身は良質なタンパク質です

髪の毛を増やしたい・・・

薄毛に悩む人は、みなそう思っています。

で、育毛剤を使ったり、シャンプーを変えてみたり、いろいろと手を変え品を変えしてみるんです。

 

でも、髪の毛が増えるような兆候すらない・・・。

 

薄毛

育毛剤を使っても、シャンプーを変えても、髪の毛は増えない・・・

 

 

そんなあなた、大切なことを忘れています

たしかに、頭皮環境を見直すことも大切です。

だから育毛剤を使ってみたり、シャンプーを頭皮環境改善対策のものに変えてみたりするのですよね?

でも・・・

 

肝心の、髪の毛になるための材料を体内に仕入れること、忘れていませんか?

 

髪の毛になるには、髪の毛の材料が必要です。

髪の毛の材料は、タンパク質です。

 

肉はタンパク質の代表格

肉はタンパク質の代表格

 

食生活を変えずに、髪の毛だけ増やそうなんて無理な話です。

今までの食生活を続けてきた結果、髪の毛が薄くなってきたわけですから、髪の毛の材料であるタンパク質を意識的に多めに摂らなければ、寿命になった髪は抜けてそのまま、だから頭がさびしくなるんです。

 

タンパク質には、肉などの動物性タンパク質や、大豆などの植物性タンパク質の2種類あります。

どちらもタンパク質なので、体内で大変有益に働いてくれます。

 

しかし、食べ過ぎるとカロリーオーバーが待っています。

太るのとハゲるの、どちらもイヤですよね?

 

だったら、効率のよい方法で良質なタンパク質だけをたくさん摂りましょう

飲むプロテインなどもありますが、タンパク質以外の不必要な栄養素が多すぎますし、何よりお金がかかるのでやめておきましょう。

 

最も良いのは、たまごの白身です。

たまごの白身は良質なタンパク質です

たまごの白身は良質なタンパク質です

 

 

たまごの白身は、とても良質なタンパク質です。

小さめのものでも、たまご1個につき約3gのタンパク質が摂れます。

 

たまごかけごはんなどの生ではなく、ゆでたまごにしましょう

生たまごよりも、ゆでて白身が白く固まることで、体内でのタンパク質吸収率がグーンと上がるそうです。

 

1日に2個以上は、たまごを食べましょう。

コレステロールが気になるという方は、白身だけを食べましょう。

 

育毛剤を使ったり、シャンプーを変えたりするのももちろん良いことですが、まずは

髪の毛の材料を体内に用意することが大切

なのです。