HE SCALP5.0C ザ・スカルプ5.0C

ミノキシジルはもう古い!?AGAはこの新成分によって滅びるのみ

頭頂部の薄毛(男性型脱毛症:AGA)に有効な成分といえば、今までの定番は「ミノキシジル」でした。

ミノキシジルは、頭頂部の薄毛(逆に言えば頭頂部の薄毛のみに有効)に対し、唯一効果が認められている成分だったのです。

が・・・

今後はミノキシジルに代わり、新成分が定番となりそうです。

その成分の名は 「キャピキシル」

キャピキシル配合ならザスカルプ5.0c



 

AGAに対する発毛効果はミノキシジルの3倍相当

と言われ、多くの薄毛に悩む方々期待の成分です。

 

 

キャピキシルとは一体どんな成分なの?

アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」の複合成分で、カナダの企業が開発した全く新しい育毛成分です。

世界中の男性型脱毛症に悩む人やAGA専門クリニックから、今まさに熱い視線を浴びている注目の新成分です。

 

頭頂部の薄毛(男性型脱毛症:AGA)の原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という成分です

 

このDHTの生成、つまりてっぺんハゲを後押ししている悪魔のような成分が ”5αリダクターゼ”

てっぺんハゲの対策には、この5αリダクターゼをなんとかして抑えこむ必要があるわけです。

 

キャピキシルの成分ビオカニンAは5αリダクターゼを強力に抑制する働きを持っています。

更に、アセチルテトラペプチド-3は、毛包の構造維持をする働きが強い成分です。

 

キャピキシルは、

 

薄毛の原因を抑制しつつ、育毛環境を整えるというダブル効果を保持しているのです。

 

そのため、今までの育毛成分に比べると段違いに育毛効果が期待されます。

 

キャピキシルの発毛・抜け毛予防効果の強さは桁外れで、今までは世界で唯一”発毛効果”が認められていたミノキシジルの、約3倍の効果があると言われています。

 

 

ミノキシジルと比べてどこが違う?

 

キャピキシルは、ミノキシジルより育毛効果・抜け毛予防効果が優れている・・・だけではありません。

それは、副作用の心配がほとんどない ということです。

 

 

ミノキシジルは、頭皮のかゆみ・頭皮の赤みなどが出る人も多く、また血圧異常がある人、心臓疾患がある人は使用ができない、というネックがありました。

副作用として、頭痛・顔のむくみ・低血圧・多毛症 なども報告されています。

つまり、男性型脱毛症(AGA)だからといって、ミノキシジルは、全てのAGA患者に適用できるわけではなかったのです。

 

筆者の場合は、頭痛・むくみ・血圧への影響はなかったものの、体毛が濃くなったのは感じられました。

イメージとしては、今まで気にならなかった”産毛”程度の毛が、明らかに黒くなってわかりやすくなったかな、という感じですね。

腕やおでこなどに、その影響は顕著に現れました。

 

 

その点、キャピキシルには副作用というものがほとんどありません。

植物由来の成分であるということが、ミノキシジルとの大きな差となっているからだと思います。

 

 

今まで様々な、ミノキシジルを含む育毛剤を使ってきたけれど、正直まったく効果を得られなかった、という人のほうが多いのではないでしょうか。

あきらめる前に、今までとは全く違うアプローチで育毛をサポートする「キャピキシル」を配合した育毛剤、一度試してみてはいかがでしょうか。