HE SCALP5.0C ザ・スカルプ5.0C


もしあなたが、頭頂部の髪の毛が薄くなってきた・・・その事実に気づいた時、

”いさぎよく坊主にする!”

と思いますか?

おそらく、「まだ育毛剤を集中的に使えば、まだ復活するはず!」と思うのでは?

 

いくつかの育毛剤を使ってみたり、生活習慣を改めてみたり、脂っこい食事を極力さけたり、紫外線対策に帽子を愛用してみたり・・・

ある程度の年数は、やっぱり抵抗してみるものですよね?

 

しかし、男性型脱毛症というのは男性ホルモンの影響がとても強く、他の薄毛(M字や円形脱毛症)に比べると、生活習慣の改善だけでは治しにくい部類になります。

体質や遺伝によるところも大きいのも、治しにくいと言われる所以でしょう。

 

「ん?今は男性型脱毛症って、医療機関での治療ができるという話を聞いたことがあるのですが・・・」

 

確かに男性型脱毛症(AGA)には、特効薬というものがあります。

その特効薬がミノキシジル(発毛を促進する作用がある)という成分で、皮膚科などでプロペシアやフィンペシア’(どちらも抜け毛を抑える作用がある)と共に買うことができます。

ただし!

このミノキシジルという成分、男性型脱毛症に対しては抜群の効果があるのですが、血圧が低めの人などが使うと、動悸や息切れが激しくなったり、血圧が正常範囲の人でも、頭皮が異常なまでにかゆくなったりといった副作用が現れる人も多いのが問題でした。

また、男性ホルモンの作用での薄毛にしか効かないため、女性が使ってもさほどの効果が期待できない、という問題もあります。

 

だから、万人が使用できるという部類の成分ではなく、そういう意味では決して「特効薬」とは言えないんですね。

ヘタすると、命の危険にさらされるという諸刃の剣のような性質があるため、医師の許可なしでは使用することすらできないのです。

 

男性型脱毛症に対してはめっぽう効果を発揮する一方、使用者を限定し、副作用が大きいという特徴のミノキシジルに代わり、カナダで開発されたキャピキシルという成分が今、様々な業界から注目されています。

 

なぜならキャピキシルは、植物由来のイソフラボンの一種なので、持病云々は全く関係ありません。

また、天然成分のために副作用も一切ない、という特徴があります。

 

ザ・スカルプ5.0Cには、ミノキシジルの3倍もの効果を発揮すると言われているキャピキシルだけでなく、再生医療にも使われる成長因子や、その他育毛研究から得たデータベースから厳選された41種類もの栄養成分が配合されています。

成長因子も、人の体をつくっているたんぱく質の一種なので全く問題ありませんし、その他の育毛成分も天然由来の成分ばかりなので、キャピキシル配合の製品としても、安心して誰でも使用できます。

 

もちろん、女性でも全く問題ありません。