女性 薄毛 治療 対策

女性の薄毛が急増中です!!

 

特に、20代後半~30代の女性に、薄毛で悩む人が増えているようです。

 

男性の薄毛(AGA)であれば、自宅でもかなり高い確率で薄毛対策や薄毛治療ができる方法があるのですが、女性の場合はこの治療方法が使えません

 

しかし、カナダの化粧品メーカーが、上記のAGA治療で使われる薬の3倍もの効力を発揮する成分【キャピキシル】を開発しました。

 

女性の薄毛治療には、この【キャピキシル】が今後の主力となっていくでしょう。

 

 

女性の薄毛の原因は主にストレスによるホルモンバランスの崩れ

 

 

男性の薄毛の原因は遺伝がほとんどと言われていますが、女性の薄毛の場合は、主にストレスによるホルモンバランスの崩れです。

 

女性にも、”男性ホルモン”と”女性ホルモン”の両方が存在しますが、外的ストレスなどによって”女性ホルモン”が減少し、”男性ホルモン”との割合に変化が起こります。

 

 

男性ホルモンの割合が増加することで、男性の薄毛同様の現象が少なからず現れると言われています。

 

女性ホルモンは、髪の毛をツヤツヤと美しく、肌をスベスベにする働きがありますが、減少することで当然、髪も弱々しくなってしまうのです。

 

 

なせ女性にはAGA治療が使えない?

 

男性と同じような原因で薄毛が進行するのなら、AGAでの治療が女性にも使えるのではないか?と思いますが、それは無理です。

 

その理由は2つあります。

 

1つは、例えばAGA治療でも使われるミノキシジルという成分は、心臓に負担をかけると言われています。

 

実際、健康な成人男性でも心臓の鼓動が早くなったり、動悸を感じる事が少なくありません。

 

女性は男性よりも、全体的に内蔵は弱いので、心臓に負担がかかる事は好ましくないのです。

 

もう1つは、ミノキシジルによる副作用で、体毛が濃くなることが知られているからです。

 

遠目からは産毛でわからなかったものでも、副作用によって毛が太く濃くなるのです。

 

 

ムダ毛を気にする女性にとって、腕やすねの毛がボーボーと生えてくるのは耐えられないでしょう。

 

ほかにも、ホルモンバランスを極端に崩す可能性などもあるそうなので、女性にAGA治療の方法は使えません。

 

 

 

 

キャピキシルに副作用はあるか?

 

キャピキシルは、植物由来の天然成分。

 

そのため、薬品という位置づけではあっても、「栄養素」という性質が大きいため、副作用そのものがほとんどありません。

 

ほとんど・・・というのは、まだ新しい成分のため臨床段階でのデータが十分ではなく、”無い”とは言えない状態ではあります。

 

 

しかし、キャピキシルには、AGA治療薬のような副作用(体毛が濃くなる、頭皮がかゆくなる)がない事は確認されています

 

そのため、女性はもちろんですが、実は男性でも、未成年の子供でも使えることが確実視されています。

(未成年の子供に使う場面はあまり想像できませんが)

 

それだけ安全な成分であり、もちろん心臓に負担をかけることは全くありません。

 

 

キャピキシルで女性らしい美しい髪を取り戻す

 

女性の社会進出とともに、外的要因のストレスを受ける女性が増加したため、女性の薄毛は今や社会問題にもなっています。

 

しかし、副作用がほとんどなく、安心して使えるうえ【キャピキシル】が開発されました。

 

髪は女の命といいますが、黒々・ツヤツヤとした髪をたくわえた女性はとても魅力的です。

 

キャピキシルで薄毛を克服すれば、また昔のように生き生きと躍動感あふれる女性に戻れるのです。