キャピキシル 評判 効果 副作用

 

抜け毛の予防も一緒にできる

ミノキシジルは、てっぺんハゲ(AGA)の患者に対して、発毛・育毛効果は認められていますが、抜け毛予防効果はありません

 

最近は、皮膚科に行くとAGAの治療ができますが、ココで手に入る飲み薬は「ミノキシジル」と一緒に「プロペシア」というもの。

「ミノキシジル」単体では、抜け毛予防はありませんので、「プロペシア」という抜け毛予防ができる薬をセットで渡されるわけですね。

 

抜け毛予防 効果 キャピキシル ミノキシジル

ミノキシジルには抜け毛予防はありませんが、キャピキシルには抜け毛予防と発毛効果のダブル効果があります。

 

では「キャピキシル」はどうかというと、

発毛効果を発揮しながら同時に抜け毛予防もできるという、ダブル効果

があるわけです。

 

特に「キャピキシル」の場合、内服ではなく外用薬(つまり塗り薬)として塗布することで効果が高いとされるため、育毛剤として期待が高まっているというわけです。

 

 

心臓への負担はゼロ

ミノキシジルが、全てのてっぺんハゲ(AGA)に悩む人を救える救世主になれなかった、一番大きな理由がこれでしょう。

 

元々は、高血圧の人の”血圧降下剤”として使われてきたミノキシジル。

その血圧を降下させる過程で偶然発見された”毛生え効果”という副作用が、主眼とする効果を逆手に取った場合、今度は血圧に影響してしまうというわけです。

ミノキシジル 血圧 キャピキシル

キャピキシルは、ミノキシジルのように「血圧異常のある人は使用できない」ということはありません。

ミノキシジルは、血圧が異常に高かったり低かったりする人にとって、とても使いづらい・・・使うことで低血圧になってしまう危険もあります。

したがって、医師や薬剤師などの管理下でしか購入できませんでした。

 

では、キャピキシルはどうでしょうか?

キャピキシルの成分は、「イソフラボンとアミノ酸」。

完全な天然成分であり、副作用の心配はない、と断言できるでしょう。

 

女性でも問題なく使える

ミノキシジルは、基本的に男性型脱毛症にしか効果を発揮しません。

もちろん、女性でも男性型脱毛症になる人は存在しますし、ミノキシジルが有効な場合もあるのは事実。

ただし、女性の場合はミノキシジルが1%程度の、希薄なものしか使えないと言われています。

 

キャピキシル 女性 ミノキシジル

キャピキシルなら、女性でも問題なく使用できますし、未成年でも使用できます。

 

その理由は、男性に比べて女性の場合は皮膚がデリケートであったり、脂分が少なかったりするため、ミノキシジルの強い成分が地肌に悪影響を与えるから。

ミノキシジルは、男性でも頭皮のかゆみや赤み、フケや肌荒れが出る人も多いように、副作用がとても強い成分です。

女性がミノキシジルを使用する際は、副作用を極力抑えた1%以下というものを使うしかありませんでした。

 

しかし、キャピキシルは上記でも述べたように、「イソフラボンとアミノ酸」。

つまりは100%天然成分であり、男女の別なくてっぺんハゲの治療に効果的なわけです。

 

また、キャピキシルなら未成年であっても使用できます。

といっても、未成年で男性型脱毛症に悩む方はそう多くないため、未成年が使用する場合は”薄毛対策”という事になると思います。

 

どちらにしても、効果があるかどうかわからないような、巷にあふれている「なんとなく育毛ケア商品」にお金を払うよりは、ちゃんとデータと実績のあるキャピキシル育毛剤を使ったほうが賢い選択だと思います。