teppenaganashiyo

てっぺんハゲ(AGA)は、最新テクノロジーが産んだ超!強力な育毛成分キャピキシルで世の中から消滅する。

投稿者:teppenaganashiyo

AGA治療で髪がボーボーになった岡村隆史が悩んでいる事とは

岡村隆史 髪 増えた


ナイナイの岡村隆史が、髪の毛が薄くなっていることに悩んでいると語っていたのが、確か去年だったですかね?

ところが今や岡村隆史は、髪がかなり増えてフッサフサのロン毛です(笑)。

 

あれだけ薄毛に悩んでいた彼に、一体何があったのでしょうか。

 

実は岡村隆史はラジオ番組にて、「育毛治療をしている」と語ってました。

そしてそのラジオ番組で、現在の状況を淡々と説明していたんですが、”全身の毛がボーボーと生えてきてる”というような事を言ってました。

 

これ、育毛治療(AGA治療)で使う「ミノキシジル」という薬の副作用なんです。

多毛症といって、全身のあらゆる”毛”が太く、多くなってくるというもの。

 

ミノキシジルは”髪の毛だけを増やす”というものではなく、”体の毛を増やす”というわけです。

 

体の毛が増える=髪の毛も自然と増える

 

というのが正解かもしれません。

 

だからといって、今まで胸毛がなかった人が突然ボーボーに胸毛が生えてくる、ということはありません。

あくまでも、うぶ毛が少し濃くなった気がする・・・というレベルのものなので、ミノキシジルを飲んだからといって体中が真っ黒になるわけではないんですが。

 

岡村隆史の表現は、お笑い芸人として面白おかしく語っただけですから、真に受けて”全身ボーボーになる”とは思わないほうがいいですよ(笑)。

 

ただ、岡村隆史も語っている通り、髪が増えた代わりに体中の毛も増えるという”副作用”が出る人もいる、という事は覚えておいたほうがいいでしょう。

 

まあこれを”副作用”と感じる人がいるのか?ということもいえますが。

というのが、どんな手を使ってでも髪の毛を増やしたいと考えている人が、髪の毛以外の毛が濃くなることを”副作用”という悪い方にとらえるか、どいうことですよ。

 

おそらく、髪の毛が増えるなら体中のの毛が増えることなんてたいした問題じゃない!くらいに思っているのではないでしょうか。

 

岡村隆史も、体中の毛がボーボーに増えたことをラジオでそれらしく話してはいますが、髪の毛が増えた喜びのほうがはるかに大きいために、余裕を感じているからこそのしゃべりなのではないかと思います。

 

 

サヨナラホームランを打った選手がうれしさの裏返しの照れ隠しに、

「いや~打った瞬間、手がジーンとしびれちゃって。今でもまだジンジンしてますわ~。」と言ってるのと同じですよ。

 

 

確実に髪の毛が生える可能性が高い、だけど多毛症ほか数々の副作用の可能性も高いというミノキシジルに比べると、キャピキシルはそういった副作用が一切ないわけで、それだけでもキャピキシルという成分の発見は、

「薄毛に悩んでいるけれど副作用が怖い」

という人にとっては、待ちに待った救世主の出現!ということになりますね。

ミノキシジルの3倍効果だけじゃない!キャピキシルの”ここがスゴイ”

キャピキシル 評判 効果 副作用

 

抜け毛の予防も一緒にできる

ミノキシジルは、てっぺんハゲ(AGA)の患者に対して、発毛・育毛効果は認められていますが、抜け毛予防効果はありません

 

最近は、皮膚科に行くとAGAの治療ができますが、ココで手に入る飲み薬は「ミノキシジル」と一緒に「プロペシア」というもの。

「ミノキシジル」単体では、抜け毛予防はありませんので、「プロペシア」という抜け毛予防ができる薬をセットで渡されるわけですね。

 

抜け毛予防 効果 キャピキシル ミノキシジル

ミノキシジルには抜け毛予防はありませんが、キャピキシルには抜け毛予防と発毛効果のダブル効果があります。

 

では「キャピキシル」はどうかというと、

発毛効果を発揮しながら同時に抜け毛予防もできるという、ダブル効果

があるわけです。

 

特に「キャピキシル」の場合、内服ではなく外用薬(つまり塗り薬)として塗布することで効果が高いとされるため、育毛剤として期待が高まっているというわけです。

 

 

心臓への負担はゼロ

ミノキシジルが、全てのてっぺんハゲ(AGA)に悩む人を救える救世主になれなかった、一番大きな理由がこれでしょう。

 

元々は、高血圧の人の”血圧降下剤”として使われてきたミノキシジル。

その血圧を降下させる過程で偶然発見された”毛生え効果”という副作用が、主眼とする効果を逆手に取った場合、今度は血圧に影響してしまうというわけです。

ミノキシジル 血圧 キャピキシル

キャピキシルは、ミノキシジルのように「血圧異常のある人は使用できない」ということはありません。

ミノキシジルは、血圧が異常に高かったり低かったりする人にとって、とても使いづらい・・・使うことで低血圧になってしまう危険もあります。

したがって、医師や薬剤師などの管理下でしか購入できませんでした。

 

では、キャピキシルはどうでしょうか?

キャピキシルの成分は、「イソフラボンとアミノ酸」。

完全な天然成分であり、副作用の心配はない、と断言できるでしょう。

 

女性でも問題なく使える

ミノキシジルは、基本的に男性型脱毛症にしか効果を発揮しません。

もちろん、女性でも男性型脱毛症になる人は存在しますし、ミノキシジルが有効な場合もあるのは事実。

ただし、女性の場合はミノキシジルが1%程度の、希薄なものしか使えないと言われています。

 

キャピキシル 女性 ミノキシジル

キャピキシルなら、女性でも問題なく使用できますし、未成年でも使用できます。

 

その理由は、男性に比べて女性の場合は皮膚がデリケートであったり、脂分が少なかったりするため、ミノキシジルの強い成分が地肌に悪影響を与えるから。

ミノキシジルは、男性でも頭皮のかゆみや赤み、フケや肌荒れが出る人も多いように、副作用がとても強い成分です。

女性がミノキシジルを使用する際は、副作用を極力抑えた1%以下というものを使うしかありませんでした。

 

しかし、キャピキシルは上記でも述べたように、「イソフラボンとアミノ酸」。

つまりは100%天然成分であり、男女の別なくてっぺんハゲの治療に効果的なわけです。

 

また、キャピキシルなら未成年であっても使用できます。

といっても、未成年で男性型脱毛症に悩む方はそう多くないため、未成年が使用する場合は”薄毛対策”という事になると思います。

 

どちらにしても、効果があるかどうかわからないような、巷にあふれている「なんとなく育毛ケア商品」にお金を払うよりは、ちゃんとデータと実績のあるキャピキシル育毛剤を使ったほうが賢い選択だと思います。

髪の毛の再生医療:キャピキシル+成長因子+41種類もの毛髪栄養成分

HE SCALP5.0C ザ・スカルプ5.0C


もしあなたが、頭頂部の髪の毛が薄くなってきた・・・その事実に気づいた時、

”いさぎよく坊主にする!”

と思いますか?

おそらく、「まだ育毛剤を集中的に使えば、まだ復活するはず!」と思うのでは?

 

いくつかの育毛剤を使ってみたり、生活習慣を改めてみたり、脂っこい食事を極力さけたり、紫外線対策に帽子を愛用してみたり・・・

ある程度の年数は、やっぱり抵抗してみるものですよね?

 

しかし、男性型脱毛症というのは男性ホルモンの影響がとても強く、他の薄毛(M字や円形脱毛症)に比べると、生活習慣の改善だけでは治しにくい部類になります。

体質や遺伝によるところも大きいのも、治しにくいと言われる所以でしょう。

 

「ん?今は男性型脱毛症って、医療機関での治療ができるという話を聞いたことがあるのですが・・・」

 

確かに男性型脱毛症(AGA)には、特効薬というものがあります。

その特効薬がミノキシジル(発毛を促進する作用がある)という成分で、皮膚科などでプロペシアやフィンペシア’(どちらも抜け毛を抑える作用がある)と共に買うことができます。

ただし!

このミノキシジルという成分、男性型脱毛症に対しては抜群の効果があるのですが、血圧が低めの人などが使うと、動悸や息切れが激しくなったり、血圧が正常範囲の人でも、頭皮が異常なまでにかゆくなったりといった副作用が現れる人も多いのが問題でした。

また、男性ホルモンの作用での薄毛にしか効かないため、女性が使ってもさほどの効果が期待できない、という問題もあります。

 

だから、万人が使用できるという部類の成分ではなく、そういう意味では決して「特効薬」とは言えないんですね。

ヘタすると、命の危険にさらされるという諸刃の剣のような性質があるため、医師の許可なしでは使用することすらできないのです。

 

男性型脱毛症に対してはめっぽう効果を発揮する一方、使用者を限定し、副作用が大きいという特徴のミノキシジルに代わり、カナダで開発されたキャピキシルという成分が今、様々な業界から注目されています。

 

なぜならキャピキシルは、植物由来のイソフラボンの一種なので、持病云々は全く関係ありません。

また、天然成分のために副作用も一切ない、という特徴があります。

 

ザ・スカルプ5.0Cには、ミノキシジルの3倍もの効果を発揮すると言われているキャピキシルだけでなく、再生医療にも使われる成長因子や、その他育毛研究から得たデータベースから厳選された41種類もの栄養成分が配合されています。

成長因子も、人の体をつくっているたんぱく質の一種なので全く問題ありませんし、その他の育毛成分も天然由来の成分ばかりなので、キャピキシル配合の製品としても、安心して誰でも使用できます。

 

もちろん、女性でも全く問題ありません。

ミノキシジルの3倍効力!2015年最強の育毛剤が決定!

HE SCALP5.0C ザ・スカルプ5.0C

ミノキシジルはもう古い!?AGAはこの新成分によって滅びるのみ

頭頂部の薄毛(男性型脱毛症:AGA)に有効な成分といえば、今までの定番は「ミノキシジル」でした。

ミノキシジルは、頭頂部の薄毛(逆に言えば頭頂部の薄毛のみに有効)に対し、唯一効果が認められている成分だったのです。

が・・・

今後はミノキシジルに代わり、新成分が定番となりそうです。

その成分の名は 「キャピキシル」

キャピキシル配合ならザスカルプ5.0c



 

AGAに対する発毛効果はミノキシジルの3倍相当

と言われ、多くの薄毛に悩む方々期待の成分です。

 

 

キャピキシルとは一体どんな成分なの?

アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」の複合成分で、カナダの企業が開発した全く新しい育毛成分です。

世界中の男性型脱毛症に悩む人やAGA専門クリニックから、今まさに熱い視線を浴びている注目の新成分です。

 

頭頂部の薄毛(男性型脱毛症:AGA)の原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という成分です

 

このDHTの生成、つまりてっぺんハゲを後押ししている悪魔のような成分が ”5αリダクターゼ”

てっぺんハゲの対策には、この5αリダクターゼをなんとかして抑えこむ必要があるわけです。

 

キャピキシルの成分ビオカニンAは5αリダクターゼを強力に抑制する働きを持っています。

更に、アセチルテトラペプチド-3は、毛包の構造維持をする働きが強い成分です。

 

キャピキシルは、

 

薄毛の原因を抑制しつつ、育毛環境を整えるというダブル効果を保持しているのです。

 

そのため、今までの育毛成分に比べると段違いに育毛効果が期待されます。

 

キャピキシルの発毛・抜け毛予防効果の強さは桁外れで、今までは世界で唯一”発毛効果”が認められていたミノキシジルの、約3倍の効果があると言われています。

 

 

ミノキシジルと比べてどこが違う?

 

キャピキシルは、ミノキシジルより育毛効果・抜け毛予防効果が優れている・・・だけではありません。

それは、副作用の心配がほとんどない ということです。

 

 

ミノキシジルは、頭皮のかゆみ・頭皮の赤みなどが出る人も多く、また血圧異常がある人、心臓疾患がある人は使用ができない、というネックがありました。

副作用として、頭痛・顔のむくみ・低血圧・多毛症 なども報告されています。

つまり、男性型脱毛症(AGA)だからといって、ミノキシジルは、全てのAGA患者に適用できるわけではなかったのです。

 

筆者の場合は、頭痛・むくみ・血圧への影響はなかったものの、体毛が濃くなったのは感じられました。

イメージとしては、今まで気にならなかった”産毛”程度の毛が、明らかに黒くなってわかりやすくなったかな、という感じですね。

腕やおでこなどに、その影響は顕著に現れました。

 

 

その点、キャピキシルには副作用というものがほとんどありません。

植物由来の成分であるということが、ミノキシジルとの大きな差となっているからだと思います。

 

 

今まで様々な、ミノキシジルを含む育毛剤を使ってきたけれど、正直まったく効果を得られなかった、という人のほうが多いのではないでしょうか。

あきらめる前に、今までとは全く違うアプローチで育毛をサポートする「キャピキシル」を配合した育毛剤、一度試してみてはいかがでしょうか。